神奈川銀杏会会則

第1条<名称及び目的>

本会は神奈川銀杏会といい、東京大学地域同窓会連合会(以下「連合会」という。)及び東京大学校友会と協力して東京大学及び東京帝国大学同窓会の交流・懇親・神奈川県を中心とした地域社会への貢献を目的とする。

第2条<事業>

本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。

(1) 会員名簿の作成

(2) 各種懇談会・講演会・研究会等の開催

(3) 神奈川県を中心とした地域社会への貢献に資する活動

(4) その他付随事業

第3条<会員>

(1) 東京大学及び東京帝国大学の卒業生であって、神奈川県内に在住もしくは在職する者、または幹事会が承認した者は、本会会員となることができる。

(2) 別途幹事会で定める要件を満たす者は、終身会員とする。

第4条<役員等>

(1) 本会には次の役員をおく。

①会  長   1名  ②副 会 長 若干名    ③代表幹事  1名

④副代表幹事  若干名 ⑤幹 事   40名以内  ⑥監  事  3名以内

(2) 会長は必要に応じて、幹事会の合意を経て、特別顧問及び顧問を委嘱することができる。

(3) 役員の任期は選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する総会の終結の時までとし、重任を妨げない。

第5条<役員の職務及び権限>

(1) 会長は本会を代表し、会務を総理する。

(2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときその職務を代行する。

(3) 幹事は幹事会を構成し、本会の事業及び会務の遂行を計る。

(4) 代表幹事は幹事会の決定に従い、事務局を統括して、本会の会務及び事業を遂行する。

(5) 副代表幹事は代表幹事を補佐する。

(6) 監事は本会の会計を監査する。

第6条<総会>

(1) 総会は毎年一回開催するものとし、会長がこれを召集する。

(2) 総会の議決事項は次のとおりとする。

①会則の変更

②役員選任及び解任

③年間事業計画案、予算案及び決算の承認

④その他総会が必要と認めた事項

(3) 総会の議事は出席者の過半数をもって決する。

(4) 総会の議事については議事録を作成し、議長及び議長の指名する2名の出席会員がこれに署名する。

第7条<幹事会>

幹事会は代表幹事が召集するものとし、出席幹事の過半数で議事を決する。

第8条<代議員>

連合会に対する代議員は必要に応じて会長がこれを指名する。

第9条<事務局>

(1) 幹事会は本会の事務処理のため事務局をおくことができる。

(2) 事務局長は幹事の中から代表幹事が任命する。

第10条<会計>

(1) 本会の会費は年額3,000円とする。

(2) 終身会員の会費については、幹事会で別途定める。

(3) 本会の会合費はその都度出席者からその実費を徴収してこれに充てる。

(4) 本会は臨時会費を徴収することができる。

(5) 本会は予算の範囲内で連合会会費を負担する。

(6) 本会の会計年度は暦年による。

付 則

(1) 本会の設立総会は平成5年12月16日に開催された。同日を本会の設立年月日とする。

(2) 旧銀杏会本部会員であって、神奈川県内に在住する者は、原則として本会会員となるものとする。ただし、特に別途の希望がある者は、その限りではない。

(3) 本会会則にかかわらず、当分の間、必要に応じて、幹事は会長が指名し、増員することができる。

(4) 監事が欠けたときは、本会会則にかかわらず、幹事会の決議により補欠の監事を選任することができる。幹事会の決議により選任された補欠の監事は、総会の決議により監事が選任されたときに退任する。ただし、その者を引き続き監事に選任することを妨げない。

(5) 本会の所在地は、神奈川県(省略)とする。

(6) 本会会則は、平成5年12月16日から施行する。

(7) 本会会則は、平成8年11月12日から一部改正し、適用する。

(8) 本会会則は、平成25年10月6日から一部改正し、適用する。

(9) 本会会則は、平成29年1月1日から一部改正し、適用する。

(10) 本会会則は、令和元年11月9日から一部改正し、適用する。

(11) 本会会則は、令和2年10月24日から一部改正し、適用する。